So-net無料ブログ作成
検索選択

いまどき女子の恋愛・結婚事情2016

 いまどき女子の恋愛・結婚事情2016 

盲目のヨシノリ先生の原作とあらすじは? [芸能人の彼氏・彼女]

恋愛アドバイザーのatsumiです。

今回のテーマは、「盲目のヨシノリ先生の原作とあらすじは?」です。

みなさんは盲目の歌手で、超有名ダンディな54歳の歌手をご存知ですか?
私が初めて彼、アンドレア・ボチェッリを知ったのは、フィリピンのマニラはシャングリアホテル近くのショッピングセンターのCD・DVDショップでした。 






世界的に有名なイタリアの盲目の歌手アンドレア・ボチェッリ、フィリピンでもその当時彼のCD「情熱のラヴ・ソング」が売上ランキングで第一位でした。

日本では、BSで彼のコンサートなんかが観れますが、目が見えないからこそ音感や他のパーツの才能が最大限に生かされている素晴らしい歌声に深い感情が表現されて、観衆を魅了するアンドレア・ボチェッリ。
まさしく光を失って心が見える。一つのパーツを失うことによって、他の機能が研ぎ澄まされること、そして見失いがちなその一つ一つの人間に与えられたものの美しさ、素晴らしさを再確認させられます。

アンドレア・ボチェッリの奥様もとても綺麗な女性です。 彼の愛情深さにも惚れられている、とのこと。
ある、とても仲のよいご夫婦の旦那様が、奥様が痴呆症やボケてしまったら悲しすぎて奥様を殺して、自分も死ぬだろう、とおっしゃってました。身体機能のダメージより、愛が分かち合えないのは一番つらいことだそうです。

2013年5月21日 (火) 読売新聞 朝刊にて、日本盲人福祉委員会お知らせにて、新井淑則(よしのり)さんの記事がありました。アメリカでは、障害者のことを『challenged(チャレンジド)』とも言うんです。
挑戦すべき課題を与えられた人という意味です。

神様から『挑戦してみろよ』って機会を与えられたのかな。
残された能力ではなく、与えられた能力で生徒と向き合っていきたい、とおっしゃっております。

こちらのFACEBOOKページでも、ご紹介されています。
https://www.facebook.com/sizuokacil/posts/396181180496601

2009年に「全盲先生、泣いて笑っていっぱい生きる」という本が出版されています。

私は昔、通っていた高校からボランティアで障碍者の方の施設にお手伝いに行く課外授業がありました。その時に、障害を受け入れられない方に罵声を吐かれたことがあります。「興味本位で遊びに来るな!」と。。

周りの方は、逆に私をカバってくれました。障害を抱えた方の精神状態は、思考状況によって、立ち直れないほどやりきれない気持ちになっている方など、様々なようで、ネガティブな思考パターンに陥ってしまうだけの方は、家族に見放されている方が多いとのこと。

やはり一人では心の中で繰り返し考えてしまうことが、悲観的になってしまうようです。そうして、人にあたってしまう。

「人は学ぶと変わります。夢や希望が生まれ、よりよく生きるように変わるはずです。
たくさんのことを学んで、実現してください」

ヨシノリ先生のように、障害が発祥してしまっても、その事実を学びに変え希望へのエネルギーになる。

ヨシノリ先生の家族の支えの中の希望を見出していく姿は、人間の本質を教えてくれると思います。
愛が大切ですね。

現代のSNSの普及により、薄っぺらい人間関係に慣れてしまった人たちへの力強い訴えとなる影響も与えてくれると感じます。

昔そういえば、18年も聴覚障害全ろうであると偽ってきた佐村河内守さんがいましたが、イタリア人の友人からすると、こういうニュースは日本のイメージとして、だから日本は世界で芸術的レベルが低いんだ、という一つの印象になってしまったようです。。

さて、盲目のヨシノリ先生のヨシノリ先生役は加藤シゲアキ君ですが、一般的に女性からはイケメンで真面目そう、という感触のようです。ある32歳の女子友は結婚できるなら加藤シゲアキ君のような空想の男性ではなく、クリームシチューの有田哲平さんが理想だとか。クリームシチューの有田さんモテますよね。面白くて頭が良く、年齢不詳な外見も魅力なのだそうで、一般女子からも人気が高いです。

ヨシノリ先生の妻役が沢尻エリカさんですが、彼女の演技は、カッコよく見せようとしすぎでワザとらしい、と良く聞いていました。今回のヨシノリ先生を支え続ける妻役では、控えめな役となることを予想し、この殻を剥がしてくれることを期待します。

沢尻エリカ.jpg

沢尻エリカさん離婚されていますが、今回の役。みんながどう思っているのか聞いてみると、結局、沢尻エリカさんのキャラなら現実の世界で離婚しようが、何しようが、どうでもよい、との意見多数。。もう、いっちゃってる人、っていうイメージのようです。

一般サラリーマン男性からは、ちょっと引かれていて、ある時からおかしくなってる、とか言われています。
経営者の方たちからの方が人気があるよう。

沢尻エリカさんと聞いて、みんなが話すのは、沖縄で薬やってたと思う、とかスペインで育ててたし、旦那もやってた、とかそういう話題だし、堀北真希ちゃんが離婚しちゃったら、離婚しちゃったんだ~ってなるんだけど、みたいな感じ。

そして沢尻エリカさんの演技のワザとらしさは、深田恭子さんのものとは違うようです。深田恭子さんがワザとらしいのは、自分を可愛く見せようとし過ぎが、ワザとらしい演技になっているとの評判。

しかし、沢尻エリカさんは可愛い。父親が日本人で母親がアルジェリア系フランス人のハーフとのことですが、私が昔フランスに住んでいた時に感じたこと。。






沢尻さんのご両親の逆で、父親がフランス人で日本人の母親の子供はハーフとしての特権があまり見られない、ということ。。血の混ざり的になのか、あんまり特別可愛い子は産まれていなかったです、正直。

その当時、多くの日本人女性がパリに住みたいと思い、フランス人のサホド外見的にかっこよくもないフランス人と結婚・出産する日本人女性が多かったからでしょうか。。逆に、父親が日本人で母親がフランス人の美しいお母さんの場合、その夫婦の男の子はめちゃくちゃセクシーな超美男子でした。

というわけで今回のテーマは、「盲目のヨシノリ先生の原作とあらすじは?」でした。












この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。