So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:婚活・結婚

新婚なのに旦那を嫌いになった理由 [婚活・結婚]

恋愛アドバイザーのatsumiです。

今回のテーマは、「新婚なのに旦那を嫌いになった理由」でお届けしたいと思います。




お友達が結婚して早々に、旦那さんに対して嫌悪感が出て来た、ということを聞いて、何度か友人からそういう話を聞くので、今回はどうしてか考えてみました。折角結婚式にみんなでお祝いして、こちらはとっても嬉しい気持ちだったのに!って、私は悲しい気持ちで、新婚ルンルン時代って終わってしまったのか、と思うほどです。

新婚なのに旦那を嫌いになった理由.jpg

新婚だけど旦那さんに対する気持ちがマイナスになって来てる子たちって、私の周りでは追いかけるタイプの恋愛して来た子が多いです。結婚したとたんに冷めてしまってる友達って、女性関係が複雑っていうか、派手だった男性を追いかけてたりして疲れて、自分に来てくれて結婚してくれる男性と落ち着いたパターンが多い。でも結局、幸せになれると思ってたけど物足りなくなってる。旦那に原因があるというよりは、彼女たちの問題である場合が大きいと感じます。無理やり結婚しないといけないから、って結婚した子とか、環境が変わって自由がなくなって不安になってくる子とか。旦那のせいではなくて、自分を見つめなおした方が早いですよね。

私も追いかけている時の方が彼にはまるし、難しい恋愛してる時ほど、あきらめようとして心の中で愛する人が大きくなります。でも、その彼がこっちに向いて来たら、私の気持ちは他にいったり。。しかし新婚なのに旦那を嫌いになっていく友人たちを見ていると、私も相手のことを愛しているんじゃなくて、自分のエゴの上に相手に興味があるだけだったって気づいてきたんです。

結婚したけど旦那さんを嫌いになった友達も、結婚という社会のルールを気にしてた。本当に旦那さんを愛して結婚したのか、疑うところがあります。結婚すると環境が変わりますよね。それまで働いていた女性は、会社を辞める人もいるし。そうすると、旦那さんは自由に外に出て生活を楽しんでいるように見る女性もいる。嫁姑の関係も出てきますよね。

私の母のケースだと、弟の挙式に出席した後に、弟夫婦が新婚旅行の時に一つも連絡を寄こさない二人に対して、間違いメールを装い、母からメールをしていて状況報告を促していた行動を見ていて、実母ながらに怖かったですが、夫婦となると色々な関係が新たに発生することによる環境の変化も大きいですよね。自分の母だけど、私は妹と、母の間違えメール行動に恐怖を感じておりました。お姑さん。。。お嫁さん側の環境変化による不安って、とても大きいです。旦那さんを愛していないと、耐えれないと思うし、旦那も旦那の家族側に立っていると一人ぼっちで旦那に腹が立ちます。

私は7年前に、結婚前提で同棲している彼の両親、彼の兄妹と交流を余儀なくされましたが、そのときに感じるストレスを全部、彼の責任にしてしまっていました。あれで結婚してたら、まさしく新婚なのに旦那を嫌いになった理由ですね。その時に私の周りに、結婚して旦那さんの実家に行ったときは、「自分がお姫様のように扱われる」っていうお友達のお話を聞いて、とっても羨ましかったことが記憶にあります。旦那様が自分のストレスに気づいて、嫁姑の問題があろうとも、旦那が自分の味方になってくれれば、解決策も出てくると思うのですが、実際は難しいです。

又、結婚前に同棲していないパターンだと、結婚して相手の生活態度、生活習慣で我慢できない面が見えてきて、段々旦那さんに嫌悪感が芽生えて来た女性友達もいます。でも、愛するということは、すべてを受け入れるということ。相手のありのままの姿やふるまいを受け入れられなければ、言葉に出してコミュニケーションを取って改善できることもあるけど、しない夫婦が多いです。私の態度でわかってよ、的な。好きでいること自体が幸せだったら、その想いは意味をもたらすと思うんです、ただ、二人の生活が始まって辛いだけなら、好きでいつづけることも難しくなってストレスが蓄積されてきてしまいます。そのストレスが、だんだん旦那を嫌いになっていく。

新婚なのに旦那を嫌いになった理由1.jpg

結婚してから、お互い傷つけあって、憎んでいくパターンもあります。毎日生活を共にしていくと、相手側の感受性の問題で、こちらに対して勝手に傷つくこともあります。特に男性は、仕事で嫌なことがあったり、自営業の人などであれば、かなり仕事に浮き沈みが激しいので、機嫌が悪い時はお仕事で行き詰っているときなども多いことだと思いますが、無意識に相手を傷つけてしまっている場合もあるので、相手側は怒りを覚えることになってしまいます。




旦那の言葉、態度、ムード、何かのやりとり。新婚の夫婦がお互いの接触時の感触や思いや感情に傷ついた、ということがあります。相手は、こちらに対して”傷つけられた”ということを、どの程度の強さで思っているのか、どれほど自分勝手に過大にそのことを受け取っているのか、お互いわからなくなっていって、傷つけあってしまう、ということがあります。旦那さんの痛みにも、愛をあててみないことには、傷つけ合いの堂々めぐりからは、何も生まれません。

愛をあててみるとは、何かしら心あたりや、思い当たることがあったなら、「ごめんなさい」と伝えてみる勇気を持つこと。そして、相手の痛みにも耳を傾ける姿勢を持つこと。新婚当初は、男性も弱音を吐けない場合も多いので、理解してあげる姿勢を持つことで、関係性は好転します。

新婚なのに旦那を嫌いになった理由は様々だと思いますが、まずは、自分が人を愛することから気をそらさず、心から旦那を愛することを意識して、自分の気持ちをきちんと言葉で伝えてみて、コミュニケーションを取り、真に満たされてほしいと思います。

というわけで今日のテーマは、「新婚なのに旦那を嫌いになった理由」でした。






タグ:旦那 新婚

共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。