So-net無料ブログ作成
検索選択

遠距離彼女持ち男性との略奪愛

 いまどき女子の恋愛・結婚事情2016 

遠距離彼女持ち男性との略奪愛 [いまどき女子の恋愛事情]

恋愛アドバイザーのatsumiです。

今回のテーマは、「遠距離彼女持ち男性との略奪愛」でお届けしたいと思います。

好きになった男性が遠距離彼女持ちだった場合、距離的には断然有利で、身体の関係なんかすぐになってしまえますが、いざ心を動かそうと思ったら、なんと言っても好きになった男性の性格やその男性と遠距離彼女との現在の関係の状況にも大いに、略奪できるかどうかがかかってきますよね。

遠距離彼女持ち男性との略奪愛.jpg

物理的に距離を置いてのお付き合いになってしまった時点で、現在の彼女には不利な環境だし、いくら二人の関係には距離なんか関係ない、って言って精神的に繋がっていたとしても、男性の身体は別物。言い寄ってくる女性がいれば、理性なんてすぐに忘れてしまいます。しかし、その彼を略奪できるかはいかに精神的に気持ちをこっちへ持っていけるかであって、その彼と身体の関係を持てるか持てないかではありません。

よく、彼女や奥さんがいる男性が他の女性にはしってしまった場合「寝取られた」とかいう女性もいますが、何度も身体の関係を持っていくうちに、その女性を愛おしく思ってくる男性と、段々ただ飽きて来る男性とに分かれると思います。寝ている女性を愛おしく思ってくる男性も、数年たてばその愛おしさは最後は「いたわり」に変わり、他の新しい女性に目移りしつつも、愛情で「いたわり」に変ってしまった女性を大切にしていくのです。

しかし、女性は子宮があり、子宮と頭は繋がっていますし受け身ですから、好きな男性と身体の関係を持ってしまうと、全てが彼一色になってしまう傾向にあります。






男性が、燃えるような恋愛が「いたわり」に変ってしまい、性的に新しいものにも手をだしてしまうことは性質上仕方ないことですが、遠距離彼女がその現状をどうとらえ、どう出るかによって、男性の気持ちや出方も大きく変わるようです。そして同時に、新しい女性がどこまで自分を必要としてくれているか、どこまで自分を愛してくれているかで揺るがされます。

遠距離彼女持ち男性との略奪愛で勝つためには、その男性が好みの女性に自分があわせるとか、その男性の彼女よりも勝てる部分を多くするとかいうよりも、とにかく、その現在の彼女がその彼を必要とする以上に、自分がその彼を必要としていて、どれだけ、その彼でないとダメ!その彼が好き!愛している!という気持ちを素直に相手に伝えれるかだと思います。実際に、近くにいるのはあなたなわけですし。

遠距離彼女持ち男性と略奪愛.jpg

遠距離彼女持ち男性は、一応彼女がいるわけなので、他の男性よりも誰よりも、彼女が居ても、あなたが好き、っていう女性に心は動きます。現在の彼女も、本気で好きならよっぽどのことがない限り、物質的距離を置かないはずですし、もし私達は大丈夫、みたいに鷹をくくっているのであれば、日ごろの愛情表現も薄いはずです。

先日「恋のからさわぎ」で、男性に言われて傷ついた言葉かなんかの特集があったんですが、転勤が決まった男性とつき合っていた女性が、「転勤が決まって遠く離れても、私たちは大丈夫だよね」みたいなことを言ったら、なんとその男性は、「遠距離恋愛するほど、お前といることに価値はない」って言ったそうで、彼女はすごいショックだったそうです。めちゃくちゃひどいですよね。でもある意味、そういう風に女性のことを見ている男性も、あえて口に出さないだけで多いってことです。






私は昔、遠距離彼女と婚約寸前の男性と恋に落ちました。最初は彼も、遠距離な彼女がフィアンセとなる手前くらいの深い関係だったので、私に対して冷静に対応っていうか、かなりバリアをはった態度で交流していましたが、やはり、男と女です。徐々に彼の部屋に泊まるようになって、彼が現在の彼女に話していないこともわかっていましたが、私は彼のことをとても魅力的に感じていたので、彼女から電話がかかってきたときも、自分は2番手、と納得してつきあってました。ある日、何かを察知してしまったのか彼女が不意に彼の家に訪れてその時に、運悪く遭遇してしまったんです。彼女は怒り狂ってしまいました。彼も変な罪悪感にさいなまされるようになって、楽しくない日常となりました。

私は、確かに私は彼のことをとても魅力的に感じていたけれども、こんなにもめるくらいなら、彼のような要素も備えた他のクリーンな男性はたくさんいる、って最終的に思ってしまいました。客観的に見てしまった瞬間でした。

そんなわけで、好きになった男性とその遠距離彼女との関係がどんな関係かにもよりますが、略奪愛が成約するかしないかは、自分にとって略奪愛したい程の男かどうかを客観的に真剣に考えてみてから、と感じました。略奪愛で結婚まで持っていた芸能人女性で、幸せになっている方もたくさんいるので調べてみてください。篠原涼子さんなんかは、不倫から今の旦那さんを略奪したわけですが、テレビドラマやコマーシャルでも活躍していて、お仕事もかなり順調になっていますよね。自分の仕事も上手くいく関係で幸せなら最高ですよね。

旦那さんの病気で大変だったかもしれないけど、回復されたようですし。たまに私の友達は家の近くで篠原さん夫妻とお子さんと(お子さんのお手伝いさんも一緒らしいです)一緒にいるところをレストランで見るらしいですが、篠原さんはドスッピンでも綺麗で、旦那さんなんてもう66歳なので、おじいさんって感じだけど、超幸せそうだったって言ってました。

遠距離彼女から奪い取れた後日に、その男性に興味が薄れていった、という感情の変化が生まれる女性もいます。自分に100%向いていない気持ちを奪いたかっただけ、っていう子とか。自分では自覚していないけれども無意識レベルで競争心があって、ゲーム感覚ではまっちゃう子。

遠距離彼女持ち男性との恋愛は、略奪できるかどうかを模索するより、その男性と居て自分は本当に幸せかどうか、をまずは冷静になってじっくり考えてみることですね。

というわけで今日のテーマは、「遠距離彼女持ち男性との略奪愛」でした













この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。