So-net無料ブログ作成

キャサリン妃のファッションブランドのまとめ

 いまどき女子の恋愛・結婚事情2016 

キャサリン妃のファッションブランドのまとめ [芸能人の結婚・離婚]

恋愛アドバイザーのatsumiです。

今回のテーマは、「キャサリン妃のファッションブランドのまとめ」でお届けしたいと思います。

キャサリン妃が着る、プチプラブランドのお洋服が話題です。キャサリン妃が着たワンピースなんかは、ものの8分くらいで売り切れてしまうらしいですね。キャサリン妃のお父様も通販会社を立ち上げて成功された方のようで、ネットショッピングもご自身で購入して、王室の集まりでも着こなしてしまうキャサリン妃。ZARAやGAPのお洋服を、王室でもおかしくない服装として装えるって、すごいし、自分に似合うヘアメイクやファッションを熟知されていますね。






以前、羽田からドバイ行の飛行機で隣の席に座ったパキスタン人の方が、ZARAにもパキスタンの革を卸している会社を経営されている男性でした。パキスタンのレザーとか、上質らしいです。ZARAの革製品って、パキスタン製なんだ~って知りました。ZARAは恵比寿に日本支社がありますが、スペン発祥のブランドですよね、パリでもすごい人気ありました。

GAPのギンガムチェックシャツに、ZARAの紺色の金ボタンジャケットを着ているなんて、高い洋服が着れる立場なのに、あえてプチプラブランドを好んで素敵に着こなせるキャサリン妃の余裕さと自信が素敵ですね。
もちろん、マシューウィリアムソンの18万円のワンピースなんかも着られていますが。

キャサリン妃のファッションブランドのまとめ.jpg

イギリスといえば、未だに根強く階級社会が残っている現状を仕事探しの面や、パーティなどの面から聞くことが多いので、キャサリン妃がプチプラを着こなす事実というのは、何かイギリス社会をも変えていく一助となるのでは、と感じるのですが。。

なぜならキャサリン妃と言えば、皆さんご存知のように、王族の家系の方ではなく一般家庭からロイヤルファミリーになられた女性。衝撃的だったのは、元キャビンアテンドであったお母さまに、ウィリアム王子と結婚するよう小さい時から宣言させられていた、ということ。本屋さんに行くと、最近は、引き寄せの法則の本や潜在意識のことを書いた本が良く目につきますが、まさに現実化された最高の例ではないでしょうか。

部屋にウィリアム王子のポスターがペタペタと貼られていて、13歳くらいから、ウィリアム王子と結婚するって言わされていたって、驚きの教育なんですが、キャサリン妃の成功事例を知ると、潜在意識の力も信じるように心動かされますね。以前、書かせていただいた、19歳の時に(20歳になる年)野球選手と結婚する!って言い張っていて、本当にあっという間に大学内で一番最初に結婚、それも大学卒業する前に現役の野球選手とできちゃった結婚しちゃったRちゃんのことを思い出さずにはいられませんでした。そういえばRちゃんも、元阪神タイガース野球選手で旦那様のIさんと出会う前から、ずーっと野球中継をテレビで見ているって言っていたことも思い出します。野球中継を見ながら、きっと、未来の野球選手との結婚を想像し、念じていたのではないでしょうか。

キャサリン妃のお母さんが、キャサリン妃に昔、ウィリアム王子の好みの服装を着せてウィリアム王子の目につくように仕向けていたっていうのも、あっぱれですよね。確かに、人間って何度も顔を合わせたりする人に好意を抱きやすいといいますね。先日、お友達が毎朝電車で顔を合わせる人と付き合い始めて、彼女が自分の好みの服装でタイプだった、って言ってました。

ところでMARKという、イギリス出身のイギリス人男性が私の10年来のお友達なんですけど、彼が実家に帰ってお土産を買ってきてくれるのはいつも可愛い下着なんです。普通にお友達なんですが、ペチコートとかお土産に渡されて、サイズもぴったり。向こうの下着の方が可愛いしプチプラ。最初は男性一人で下着屋さんに入ることに驚いたのですが、イギリスでは別に男性一人で女性の下着を買いに下着ショップに入ることは珍しいことではないそうで、「え?なんで?可愛いからいいじゃん」みたいに返されました。意識の違いですね。






外国人男性からもらうプレゼントって、お友達でも、絶対日本人男性からもらうプレゼントよりセクシーかも。他にも、セクシーなパンティストッキングとかもらってる子とか。

イギリス人MARKに、イギリス人女性には興味はないのか、と聞くと、太ってる女性が多いし可愛くない、という答え。イギリス人女性の表情が、ヨーロッパ女性特有の眉間にしわを寄せて歩いている女性が多い、との不満を言っておりました。その点、キャサリン妃の表情、笑顔の美しさは国民を魅了しますね。「表情美人を目指しましょう」とはよく聞きますが、どんなに顔が美しい人でも、表情が暗ければ失格なんですね。表情が明るく笑顔が素敵な人、表情が豊かな人は男性でも女性でも人気があります。

キャサリン妃のファッションブランド.jpg

さて、キャサリン妃とウィリアム王子は、お付き合いして、しばらく破局した時期もありましたが、復活。もしも、結婚することがゴールとして、キャサリン妃がお母さまに「絶対ウィリアム王子と結婚する!」と念じさせられていた潜在意識の活用で、そういった一連のリレーションシップの流れも自然に結婚への道のりを誘導するものだったとしたら、何事も念じてみたい次第ですね。

そんなシンデレラ物語を現実の出来事にしてしまった王妃。キャサリン妃のファッションとは、キャサリン妃自身の自信が着る、ブランドの価格など関係ないものにしてしまう魅力なのではないでしょうか。

潜在意識といえば、去年はスピリチュアル系の先生としてご活躍されているリズ山崎さんという方のセミナーDVDをプロモーションするお仕事をさせていただきました。リズ山崎さんはとても魅力的な方で、引き寄せの法則などのメソッドをセミナーされていたり、個人カウンセリングなども行われています。私はビジネスマッチングで、先生のセミナー講演をDVDに作成させていただき、先生のメルマガ読者の方々とアマゾンでの販売をプロモーションさせていただきました ↓

12180649_889711371107990_84274221_o.jpg

リズ山崎さんと。二人のコンピューターを持ち合わせて、仕事風景です ↓

12219400_896028900480128_4018199154389110793_n.jpg

先生のセミナーを私も見れたわけですが、潜在意識や引き寄せというものが実際に自分の人生にも反映されていることなのかも、と学びました。セミナーには、女性の方はもちろん、ビジネスにも応用したい、と男性の方もお見えになっておりました。リズ山崎さん曰く、引き寄せには「感情」が大切で、更に、心のブロックもはずす必要がある、とのことです。

日本では道端ジェシカさんが自分原因説を宣伝されていますが、最近離婚されましたよね。。。離婚の真相は、良い結果だったのでしょうか。。なのですが、リズ山崎さんの生徒さんの中では、さまざまな引き寄せを起こされる事例は出てきているそうなので、もう少し奥深く学んでみたいとは思います。キャサリン妃のお母様のような教育を、自分に女の子の子供が出来たらしたいか、と言えば、微妙ですが。。。

というわけで今日のテーマは、「キャサリン妃のファッションブランドのまとめ」でした














この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。